2004年04月10日

【人道援助?】イラクで拘束【無茶?】

イラクで、日本人3人が拘束されちゃいました。
拘束というか、拉致です。
かなり厳しい状況で、私もその3人が、無事に
戻ってきてくれるのを、祈るしか有りません。

女性は、ボランティアで、活動家の方。
若い男性はライター。
30代の男性は、戦場カメラマン。
みなさん、情熱をもって、イラクへ思いを馳せたんでしょう。
情熱が、危険という壁を突き破ったんでしょう。
もしそれが成功すれば、美談になったでしょう。
大変ドラマチックだと思います。
しかし、今、それは最悪のシナリオになっています。
よかれと思ったことが、裏目に出てしまいました。
何かしてあげたいと、思っても、
日本の常識では計れない物が、そこにはあったんだと思います。
イラクの方々の価値観や、今置かれている現状からの
心のありかたからして、日本人は、アメリカの友好国、
敵視するに値するということなのでしょう。
拉致された3人が、全く今アメリカの軍隊が行っている事に
反対であったとしても、それを拉致しているイラク側が
わかってくれるでしょうか?
自分たちの信仰のシンボルであるモスクを攻撃され、
ただでさえ、心が波打っている彼らを押さえることが
出来るでしょうか?

拉致された3人の志はとっても素晴らしいとは思いますが、
私達は、アメリカ側の日本人であるということを忘れては
ならないと思います。
たとえ、自分の本意ではないとしても、国籍が日本である限り
相手はそうやって見てくると思います。

3人が無事に帰ってくることを心より祈っています。
本当に。そして、くるべき時が来たときに、是非
イラクへもう一度入って活動していただきたいと思います。
posted by 渡味 at 10:05| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。